マルチーズを愛する、こだわりのペット美容師

アルツハイマーなどを患ってしまったシニア犬のトリミングもご相談ください。

Dairy

ペットブームからそろそろ15年が経とうとしています。その頃のワンコはみんな超高齢犬。元気なワンコもいれば亡くなってしまったワンコもいます(涙)

昔に比べて、ワンコも本当に長生きになりましたよね。先日は20歳のワンコもお店に来られましたし、今日は18歳のシーズーちゃんも御来店頂きました。ワンコも人間と同じで、ある程度歳を重ねていくと、身体(内臓)は元気でも足腰が弱くなったり、アルツハイマーになったりする場合も多いんです。そうなると、お尻など下半身が汚れ気味になってしまい、ワンコも気持ちが悪いと思います。

ファニーテールではそういったワンコもできるだけお手入れさせてもらっています。もちろん、チアノーゼになってしまうほど暴れてしまうワンコは爪切りや下半身のカットだけになってしまいましすが、できる限りキレイにお手入れしてあげたいと思っています。

当店では高齢犬のワンコのトリミングは必ずお客さま同伴でトリミングさせて頂いております。トリミングルームの中に入って一緒にトリミングをします。また、お店まで来れないワンコはご自宅へお伺いして出張トリミングも行なっております。(ご新規のワンコの場合は状況がわからないため、まずはお店でのトリミングをお願いしています)

あんまり料金のことは言いたくありませんが、高齢犬の場合はトリマー2名でお手入れする場合もあります。そういった場合はすみませんが、人件費分は追加で頂いております。すみません。。。

シニア犬のトリミングはシニア犬用の準備が必要ですので、2−3週間前に前もってご連絡をお願いいたします。

 

ファニーテールをご利用のワンコたち

     

 

 

Dairy

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします